交通事故の被害は弁護士に相談するのがおすすめ

交通事故被害を弁護士に相談するメリットについて詳しくお伝えします
未分類

示談がスムーズに進む

2018年4月11日

車に衝突されて体を痛めてしまった、後遺症が残ってしまった、といった場合には事故の加害者に対して慰謝料や示談金を請求することもできます。これまでの人生で示談金を支払ったことがある、支払われたことがあるという方もおられるでしょうが、こうした示談交渉は自分たちで行うこともできます。そのため、事故を起こした当人たちだけで交渉の場を設けることもありますが、こうしたケースだとスムーズに話し合いが進むことはほとんどありません。こちらの思惑通りに進むこともあるかもしれませんがそのようなケースは稀でしょう。

示談交渉当事者同士と言っても実際には相手の家族なども交渉の場に出てくるでしょうし、話がこじれてしまうことは目に見えています。威圧的な態度や言動で言いくるめられてしまう可能性もありますし、雀の涙ほどの示談金で手を打つように言われてしまうこともあるでしょう。弁護士に示談交渉を依頼するとこのようなことはありませんし、法律を武器にしっかりと示談交渉を進めてくれます。加害者としても法律の専門家を相手に無理難題を言ってくるようなことはまずないでしょうし、自分たちだけで示談交渉を進めるよりも遥かにスムーズに話が進んでいきます。

示談金の増額が可能